読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年2月 西伊豆一人旅

■2月12日 

 新宿の喫茶店でモーニングを食べる。向かいに座っていた人のセットにはウインナーがついていたが、僕のセットにはついていなかった 。悔しい。しかしダイエット中の身である、これでいいのだ。


 10時頃、喫茶店を出て品川へ向かい、新幹線に乗り込む。目的地は修善寺だ。
 新幹線の中で「レオナルドのユダ」服部まゆみ を読む。登場人物の名前がなかなか覚えられなくて悪戦苦闘していたが、読み始めたらその優雅な世界観に魅了されてしまった。
 

 三島駅で新幹線を降りる。駅のホームからは富士山がとても綺麗に見えた。


f:id:nowaytool:20170518185048j:image

 

ここで伊豆箱根鉄道に乗り換える。この路線ではICOCAが使えないという誤算が発生する。1万円チャージしてきたのに悲しきこと。
 そのまま電車に揺られ13時頃に修善寺に到着。13時5分のバスに一目散に向かい、飛び乗る。バスに揺られながら修善寺の豊かな緑を眺める。40分ほどで降りる。が。


・・・降りる所を間違えた!!
  
 萬城の滝まで徒歩5分のバス停で降りるはずが、全く違う場所で降りてしまった。Google Map(以後グーマ)を見るとどうやら徒歩1時間離れた場所のようだ。しかし、僕にとっての一人旅とは、遠い場所で行うお散歩なのだから別に構わないか。山あいの見晴らしのいい場所で景色が最高だ。快晴で、空気がとても気持ち良い。間違えて降りるのも悪くないな。 

 

 それからグーマを見つつ1時間歩き、土木作業の機械が立ち並んでいる所まで歩いたところで、グーマが目的地到着をお知らせした。

 ・・・いやいや!!・・・明らかに!!・・・いやいや!!

 確かに滝の落ちる轟音は聞こえる。だがここには木と土木作業の機械しかない。グーマをよく見てみると、ここからUの字の反対側に萬城の滝があるらしい。してやられた。以前にもナビを使って旅館に向かっていたのに民家に誘導されたことがある。グーマは時々悪戯をする。名前で検索するよりもきちんと住所を入力するほうが無難か。


 そこから30分歩き、今度こそ萬城の滝に到着。滝の迫力と、滝つぼの美しさに魅了される。何故滝はこんなにも心を潤すのだろうか。

 

f:id:nowaytool:20170518185141j:image

 
 さて。誤算が続いたせいで予定が大幅に遅れている。速やかに修善寺に戻らねば。徒歩5分で着くバス停に向かい時刻表を確認する。次のバスは2時間後。2時間後?2時間後か・・・。
 グーマで確認したところ、修善寺まで歩くと3時間弱かかるらしい。とりあえず行けるところまで歩いて、疲れたらバス停でバスを待つことにした。

 そうして17時過ぎに修善寺戻った。駅周りの観光もしたかったが、夕日を見るために一刻も早く西伊豆に向かわねばならなかった。伊豆箱根鉄道修善寺が終点である。よって西伊豆方面にはバスかタクシーを使うことになる。僕はバスで土肥温泉へと向かった。

 18時頃到着した。もうだいぶ暗くなっていたが海の上に広がる夕日を見ることが出来た。

 


f:id:nowaytool:20170518185229j:image

 

近くにはスーパーAokiがあったので入る。絵画推しのこのスーパーは伊豆半島を牛耳っているのかのようによく見かける。じゃがりこを買う。
晩飯はこじんまりとした味処で海鮮丼(1700円)を頂く。おかみさんから「デザートだよ」とみかんを貰う。普段ならこういう店には入らな
いし、1700円もするものは注文しないけど、この日は躊躇わなかった。普段と違う自分になれるのも旅の醍醐味。

 
f:id:nowaytool:20170518185320j:image

f:id:nowaytool:20170518185212j:image


 この味処の目の前にあるのが、この日の宿「土肥ふじやホテル」である。
 朝から、セットにウインナーが含まれてない等誤算続きで疲れ切っていたので、チェックインしたらこの旅館の和室を堪能する前にすぐに温泉に浸かり、フルーツ牛乳を飲み、お布団にくるまり眠ってしまった。

 

f:id:nowaytool:20170518185341j:image

 

■2月13日


 午前3時ごろに目覚める。おはようございます。
 お茶を入れて飲みつつ、「レオナルドのユダ」を読み進める。レオナルド・ダ・ヴィンチに夢中になる。6時半になるともう一度温泉に入る。展望台から外の風景を眺める。真っ暗闇だった昨夜と違って綺麗な海と町並みが一望できた。

 8時にチェックアウト。9時までは周りを散策する。「世界一の花時計」というものがあった。9時。レンタサイクルで自転車を借りる。ルイガノという車種らしい。一人旅でレンタサイクルを利用するのは初めてだ。

 

 恋人岬を目指して自転車を漕ぐ。

 グーマによると徒歩で1時間半かかるらしいから自転車だと40分程と予想する。海沿いの道を自転車で走るのが気持ちよくてついつい顔がにやけてしまう。海はとても澄んでいて綺麗だ、その奥に富士山が大きく見える。

 


f:id:nowaytool:20170518185402j:image


f:id:nowaytool:20170518185522j:image


 しかしサイクリングが気持ちよかったのは最初だけ。
 恋人岬に向かうまでの7kmの道のりがずっと登り坂だった。必死に漕ぐ、必死に漕ぐ、必死に漕ぐ。標高が高くなり景色は綺麗だがとてもしんどい。

 そうして予定より遅れ1時間程かけて恋人岬に到着。観光客も割といたが、恋人岬という名前だけあって男女二人組ばかりである。ここに単身でやってくる僕の度胸を褒めてほしい。
 3回鳴らすと恋人との愛を海に誓う、という鐘があった。多くのカップルがそれを鳴らして愛を海に誓っていた。
 なので僕も慣らすことにした。周りの憐れむ目など気にしない。たった一人の場合は自分への愛を誓うことになるのだろうか。 カランコロン、カランコロン、カランコロン。


f:id:nowaytool:20170518185519j:image

 

 疲れたので恋人岬の喫茶店で休むことにした。わさびソフトクリームとレモンスカッシュを注文する。
 また自転車で戻る。
 帰りはひたすら下り坂でとても楽だ。あっという間に土肥まで戻ることが出来た。
 土肥金山という施設の中の食堂で「イズシカ丼」を食べる。伊豆の鹿のお肉を使っていて高たんぱくでヘルシーらしい。
 土肥金山の周りにはまだ2月だというのに桜が咲いていた。

 

f:id:nowaytool:20170518185548j:image

 

 食後に自転車を返却した。

 疲れていたので帰る。良い景色を見られて満足だ。サイクリングも気持ちよかった。

 バスに乗り込み、修善寺に戻り、三島駅まで戻り、ホームで新幹線を待っていた。そこでスピードを緩めず三島駅を通過していく新幹線の迫力に死を感じた。たった数メートルの距離に僕の人生を一瞬で終わらせるものがある 。そしてその乗り物を利用している業のようなものを感じながら帰路に着いた。

2017年5月 奥太井一人旅まとめ


■5月14日(日)

 

午前8時に夜勤終了後、駅のコインロッカーに余分な荷物を預ける。

その後、ゆうちょでお金を引き出そうと思っていたが、電車の時間が迫っていたので後回しにして急ぐ。

 



車内で「湖底のまつり」泡坂妻夫 を読む。

とても面白く夢中になり時間があっという間に過ぎる。

三島駅に着いた辺りで読了した。

本当に良い小説だった、僕が今まで読んだ中でも過去3本の指に入る傑作。

そして次は「自分の仕事をつくる」西村佳哲 を読み始める。

 

 

12時半に静岡県草薙駅で降りる。

名前がカッコいいのと、トイレに行きたくなったのが理由だけど。そのまま駅周辺を散策することに。

 

まずは駅前のローソンで飲み物を買う。

このローソンがとても広く、イートインが15席もあった。

「子供の本専門店」という古本屋を発見したが、どう見ても多種多様な本を扱っている。

ブラブラしていると県立美術館の看板を見つけ、近いので行くことにした。

途中で見つけたお店で「冷たい焼き」なるものを買って食しながら向かう。

草薙駅から30分ほど歩いて到着。

緑豊かな敷地内には静岡県立美術館、静岡県立図書館、そして静岡県立大学が在った

空気がとても美味しいこの豊かな環境で学ぶことの出来る学生が羨ましい。

 
f:id:nowaytool:20170518082403j:image

 

美術館では「黄金のファラオと大ピラミッド展」が開催中だった

国立カイロ博物館所蔵の至宝がやってきているらしい

入ってみる。チケットは1400円。

予想以上に混雑していた。

発掘された土器や工芸品、美術品などが展示されていた。

ミイラも見てみたかったが残念ながらさすがになかった。

しかし、人がわんさかいる中でゆっくりと美術品を眺めるなど出来ず、それぞれをチラ見してちょっと気になったものだけしっかり見て、などで駆け抜けていたら8分で出てきてしまった。

 

美術館を出て草薙駅に戻ることにする。

途中で郵便局を見つけたので3万円を降ろす。

 

それから電車に揺られ静岡駅へ

靴が欲しくなったので駅構内のABCマートに向かう

移転のための処分セールを開催中だったが結局何も買わず後にする。

静岡駅周辺は結構な都会だった。

静岡県は豊かな自然と海があり、主要な場所は必要十分に栄え、東京、大阪どちらにアクセスしやすい、と本当に素晴らしい立地だと改めて思う。

 

それから金谷駅を経由し、太井川鉄道に乗り換え、宿へ向かう

太井川鉄道の列車にはとても風情がある。

車窓から覗く景色が素晴らしい、豊かな緑と大井川。

17時半頃、森のトンネルを抜けて宿のある川根温泉笹間渡駅に着く。

 

空気がひんやりしていたので上着を着る。茶葉の匂いに包まれて呼吸が気持ち良い。

徒歩5分で「川根温泉ホテル」に到着。

チェックインを済ませ、お部屋に入る。

洋間で、ベッドはクイーンサイズ(つまりどれくらい大きいのかな?)椅子が二つにテーブル、そしてソファがあった。ソファの座り心地がとてもよかった。

4階にあるその部屋のすぐ下には大井川が流れていて、その流れを楽しむことが出来た。

 

ディナーが19時からだったのでその前に温泉へ向かう。

シャワーを浴びて体を洗っている時に、斜め後ろにいた若者たちが年収、ご祝儀をいくら包むか、などの話をしていて旅行感が薄れてしまいしょんぼり。

お湯に浸かる。とても気持ちいい。露天風呂にも入るが、黒い壁のせいで外の景色が全く見えないのは残念だった。

コーヒー牛乳を買い、部屋で飲む。この瞬間がとても好きだ。

 

19時になりディナーへ。

バイキングだったので好きなものを好きなだけ取っていたらあからさまな偏食メニューが出来上がる。

それらに獣のように食らいつきあっと言う間に食べ終える、そして恐らく一番早くディナー会場を後にする。

 

それから疲れが一気に押し寄せてきて、そのままクイーンサイズのベッドで布団も被らずに寝てしまう。

2時間ほどして一度目が覚めた時にきちんと布団の中に入り眠る。

 

 

■5月15日(月)

 

午前3時ごろに目覚める。おはよう。

やはりホテルのベッドは気持ちいい。

備え付け煎茶を飲みながら読書、考え事などをする。

内風呂に入り、部屋の片付けをして、6時半ごろに宿を後にする。

朝の空気がとてもよかった。

 

それから太井川鉄道を更に下り千頭駅へと向かう

この太井川線の電車が今まで見たことのないものだった。

無人駅で券売機もないので、電車に乗ったら整理券を取る、そして車両前方の電子パネルで料金を確認するという完全にバスと同じシステム。

そして車内の人はほとんどが高校生だった。どうやら川根高校の生徒たちらしい。

僕にとっては完全な旅先であるこの地で育っている人たちがいるんだなと感じる。

 

7時半頃に千頭駅に到着。

目的地の奥太井湖上駅に向かう電車は9時過ぎなので、それまで駅の周りを散策した。

「音戯の里」という音で遊ぶコンセプトの施設くらいを見つけた。

その後、駅の側の河川敷で時間まで読書をした。

手ごろな大きさの石を見つけてそこに40分近く座るとお尻が痛くなった。

 

時間が近付いてきたので切符を買いに窓口まで行くと、今は工事中のために途中の奥泉駅までは振り替えバスが出ているとのことで、それに乗る。

奥泉駅には9時40分に到着。

 

そこから大井鉄道井川線に乗る。

これまた見たことのない列車だった。まるで遊園地を一周する列車のよう。

この路線が格別だった。

ゆっくりと走る列車の外には長島ダム、大井湖、つり橋など絶景に次ぐ絶景。

それらを同乗した駅員さんが一つ一つアナウンスで説明してくれる、まさに観光列車。


f:id:nowaytool:20170518082712j:image


f:id:nowaytool:20170518082646j:image

そんな列車に揺られること30分。遂に奥太井湖上駅に到着。

大井湖にかかるレインボーブリッジの真ん中にポツンと存在する駅。

某日本の秘境駅ランキングの第一位にも選ばれたことのある駅。

何故こんな所に駅があるのだろうか・・・。

 


f:id:nowaytool:20170518082826j:image

 

駅には訪れた人が記念に色々と書いていくためのノートあったので僕も書いた。

本当は駅の周りをグルグルして隣駅まで歩いてみようか思っていたけど、とてもそんなことが出来る場所ではなかったので、眺めて、写真を撮って、40分後に戻りの電車に乗った。

 

12時ちょうどに千頭駅に戻る。

千頭駅側の「えびすや食堂」で焼魚定食を食べる、750円。

とにかく魚が美味しくて、ご飯が進む進む。

 

12時45分の電車に乗り、静岡駅まで戻り、新幹線に乗り帰路へ着いた。

月照らす砂浜 第1話

 月に照らされた日本海、静かな砂浜に響く波音。
 暗闇に浮かぶ船の灯りをボンヤリ眺めながら、僕とヒカリは歩いていた。ほかには誰も居ない。
「もうこんな時間なのに暑いねー!」
 ヒカリは無邪気にそんなことを言いながら、砂浜を駆け出す。走ると余計に暑くなるのに…。でも確かに今日は暑いな。もう午前1 時だというのにじっとしているだけで汗が吹き出す。熱帯夜だ。

 

「疲れちゃったー!ねえ、ここに座って休もうよ」
 言いながら、ヒカリは既に砂の上に腰掛けている。
「お団子遊びしよう!私はママで純也がパパね!」
「パパーお弁当出来たわよー今日もお仕事頑張ってね!チュッ」

 ヒカリが妙なことを始めた。まさか20歳にもなって泥団子でおままごとをするとは …。昼間の不機嫌などなかったかのように、楽しげに泥団子を丸めている。子供まで登場してきた。どうやら女子らしい。

「ちーちゃんは幼稚園に好きな男の子いる?えっ、パパ?パパはダメよ!パパは私のダーリンなんだからね!幼稚園で誰かカッコ良い男の子捕まえてきなさいねー」

「……ヒカリ、彼氏おるがん。そんなこと言っとったら幸彦が嫉妬するよ」
「えー?幸彦なんてどうでもよくない?だよね、ちーちゃん」
 娘に話しかけながら笑ってはいるが、昼間のことを思い出したのかまた少し機嫌が
悪くなってきたようだ。


 僕と幸彦は二人で音楽を作っていた。今までのインスト系だけでなく、そろそろ歌物も作りたいねと考えていた矢先、幸彦が彼女のヒカリを連れてきた。僕はグループ内に恋愛を持ち込むのは反対だった。しかし、ヒカリは歌が上手く性格も明るく、何より新しい音楽を作りたくてウズウズしていたので、懸念はあったがメンバーとして受け入れた。



 おままごとも終わり、また歩き出した。
 砂浜が下り坂になっている。僕はヒカリの手をとった。「ありがとう」ヒカリは下り、手を離した。もう少し手をとっていたかったなと思う。
 またヒカリが駆け出した。今度は波と戯れている。月に照らされたその姿がとても綺麗でつい見惚れてしまう。抑えなくちゃ、抑えなくちゃ…。

 

ジョギっていこーー!!

お題「続けている運動」

 

「25歳を過ぎたらだんだん体力がなくなっていくんだよなあ、衰えを感じるようになるよ」

 アルバイトをしていたコンビニの店長がそうぼやいていた。

 当時21歳の僕はひどく恐怖した。月に2回ほどだが、趣味でフットサルをしていて体力には自信がある。

 しかしいずれ衰えて、「若い頃は動けたけど今はもう全然だよ。少し走っただけで息が切れちゃう。もうおっさんだなあ」などど居酒屋でのたまう小太りの中年になってしまうのか。

 

 厭だ!!!!!!

 

 翌日から、僕はジョギングを始めた。

 フットサルで走るのとは勝手が違い、すぐに息が切れる。僕はこんなに体力がなかったのか…?

 音楽を聴きながら走ることにした。3曲聴き終わるまで走る、5曲、7曲、このアルバムを一枚聴きおわるまで・・・と少しづつ走る時間を増やしていった。

 いつの間にか音楽すら聴かなくなって1時間くらいなら平気で走れるようになり、今では最高記録は3時間半だ。

 

 30歳現在まだ体力の衰えは感じていない、むしろ21歳当時よりも体力がある。

 ジョギングは気持ちがいい。日光を浴び汗をかくという行為が、心身を共に健康にしてくれている実感がある。

 これからも続けていくつもりだ。もちろん今日も!走るよ!

 

 30歳現在、体力の衰えはないと書いたが代謝機能と消化器官の衰えは感じる…

 ジョギングしているというのに中年太りになりかねないほど食べているので気を付けなくては・・・

かつての恋

お題「最近涙したこと」

 

 

 僕は夢を失い、都会に打ちのめされ、人生の行き場を見失っている三十路だ。

 上京して12年、音楽で成功してみせる!という強い気持ちを持っていたのは8年間だけで、残りの4年間は自分が何を望んでいるのかを探す少し遅れたモラトリアムとなってしまった。 

 東京という大都会にいれば何かが変わる気がしていたが、結局大事なのはどこにいるかでなく自分が何をしたいのかという意志なのだなと、やっと気付いた。

「僕は東京には向いていない。空いている電車に乗っても徐々に人が増えていく様は悲しくなるし、満員電車には絶望する。もっと自然が沢山ある場所がいい、海や川や山に囲まれて暮らしたい」

 

 田舎に帰ろうかな…。

 田舎にはあの女性(ひと)がいる。かつて燃えるような恋をしたあの女性。音楽をやめてあの女性に溺れてしまおうと思ったこともあった。今では立派な二児の母親だ。

 もしかしたらあの女性との新しい日々が始まるかもしれない……馬鹿なことを、と思いながらも涙が溢れて止まらなくなった。

僕はあれ以来他の女性を好きになったことはない。最近では好きという感情がなんなのかわからなくなってきた、強く人を愛せる者が羨ましく思うこともあった。

だが、僕は感情を忘れたわけではなかったのだ。ずっとずっとあの人を愛し続けていたのだ。

 

  僕は夢を失い、都会に打ちのめされ、人生の行き場を見失っている三十路だ。

 ぽっかりと心に空いた穴を埋めるために、かつての恋の思い出に縋っているだけなのかもしれない。

 しかし数年ぶりに流したこの涙は本物だ。

 本当に田舎に帰るのか、みっともなくともまだこの大都会で抗ってみるのか、自分でもまだわからない。だが、どちらを選ぶにせよ自分の意志で選ぶのだから自分次第だ。誰が悪いわけでもない。

「あの女性に顔向けできない自分にはなりたくない」

久しぶりに口に出してみると勇気が沸いた